板橋区志村のハートライン東京クリニック

東京都板橋区志村2-8-1 Yビル志村坂上3階

03-6279-8263

自閉スペクトラム症 | 板橋区志村のハートライン東京クリニック

自閉スペクトラム症

自閉スペクトラム症とは?

「自閉スペクトラム症(Autism Spectrum Disorder: ASD)」は、対人関係が苦手であったり、強いこだわりがあるなどの特性をもつ発達障害の一つです。

以前は、自閉症の特性をもつ障害は、典型的な自閉症に加え、特性の目立ち方や言葉の遅れの有無などによって、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害などに分類されていました。現在は、世界保健機関(WHO)の「ICD-10」(『国際疾病分類』第10版)による診断基準が用いられています。

原因は不明ですが、生まれつきの脳機能の異常によるものと考えられています。
これまでの研究から、育て方やしつけ、愛情不足は原因ではありません。
最近の調査では、子どものおよそ20~50人に1人が自閉スペクトラム症と診断されるともいわれ、男性に多くみられ、女性の約2~4倍という報告もあります。

「自閉スペクトラム症(自閉症スペクトラム障害)」は、虹のようにさまざまな色が含まれる一つの集合体として、特性を捉えるという考え方です。病気というよりも、持って生まれた「特有の性質」(特性)と考えるのがよいでしょう。

共通した特性として、対人関係の難しさやこだわりの強さなどがありますが、典型的な「自閉症」では、言葉の発達が遅れたり、対人コミュニケーションをとるのが難しいことが多く、「アスペルガー症候群」では、言葉の遅れがなく、比較的コミュニケーションが取りやすいという特性があります。特性の種類や程度は様々ですが、別々の障害としては考えず、治療の基本的な考え方も共通しています。

1歳6か月の乳幼児健康診査や3歳児乳幼児健康診査で、その可能性を指摘されることがあります。自閉スペクトラム症が疑われる特徴としては、視線の合いにくさ、表情の乏しさ、抱っこや触られることを嫌がる、食べ物の好き嫌いがとても強い、一人遊びが多くやごっこ遊びをしない、独り言やオウム返しをするなどが見られます。
性格であったり、成長発達の過程で一時的に特徴が見られたりすることもあるので、正確な診断には専門の医師や心理士による問診・面接・行動観察・検査などが必要です。

自閉スペクトラム症の特性は、周囲に理解してもらいにくいため、いじめ被害に遭ったり、努力しても失敗を繰り返してしまいます。そのストレスが重なり、身体症状(頭痛、腹痛、食欲不振、チックなど)や精神症状(不安、うつ、緊張、興奮しやすさなど)が現れ、不登校やひきこもり、暴言・暴力、自傷行為などの「二次的な問題(二次障害)」を引き起こすこともあります。

そうなる前に、子どもの特性を家族や周囲が正しく理解し、本人の「生きづらさ」を軽減させ、二次的な問題を最小限にとどめる必要があります。

一人ひとりの子どもの特性に合わせた福祉的・医療的な支援が重要となります。
特性に対しては「療育(治療教育)」と言われる、特性に合わせた教育的方法を用いた支援により、生活の支障を少なくしていきます。
また、興奮やパニック、自傷行為、攻撃性、不眠などがある場合には、対症療法的に薬物が処方されることもあります。

関連記事

診療科目
MEDICAL DEPARTMENT


  1. 不登校・引きこもり改善

    学校に行きたくない気持ちの把握を行い、心身の状態を改善していきます。
    家や部屋から出たくないというお子様の考えがどこから来ているのかを明らかにしていきます。対話をすることによって少しずつ変化が現れていきます。


  2. 選択性緘黙
    (場面緘黙-ばめんかんもく-)


  3. 限局性学習症
    (学習障害)
    発達障害

    こどもの学習能力の伸びが見えにくい場合にカウンセラーが楽しく遊びながら学ぶ喜びを感じてもらいます。


  4. 自閉症スペクトラム
    (アスペルガー症候群)

    自閉スペクトラム症は人と接する時に人間関係を良好にするのが得意ではない、また自分自身の強いこだわりが発生してしまう発達障害の一つです。療育によって改善が見込まれます。


  5. うつ病

    ふさぎ込んでいる気持ちを改善するためには少なからず周りのサポートが必要となります。どのようにサポートするかを伝えていきます。


  6. チック障害

    嫌なことを考えた時に、まばたきを繰り返したり、早く首を振ったりするなどの行動がでます。正しい対応にて癖を減少させます。


  7. ゲーム依存

    「ゲームをしたい欲求を抑えることが出来ない」状態をゲーム障害と呼びます。
    およびゲーム依存と言います。
    当院のカウンセリング、オリジナルプログラムで改善を測ります。


  8. ADHD
    (注意欠陥・多動性障害)

    日本では 「注意欠陥・多動性障害」と言われ、注意力や落ち着きの無い症状を指します。薬と行動療法による治療を行います。

  9.  


    知的障害

    子ども頃見過ごされたADHDが、大人になった時にご本人やご家族が違和感を持つようになり、発覚する事もございます。

   

診療カレンダー
CALENDER

●通常診察日 ▲オンライン診察日(保険+自由診療) ⬛️言語・学習トレーニング となっております。
ご来院の前に診療日を確認していただくようよろしくお願いします